宇都宮メディア・アーツ専門学校

宇都宮メディア・アーツ専門学校 まんがアート科のカリキュラムや授業内容、プロマンガ家の輩出実績などをまとめました。

宇都宮メディア・アーツ専門学校公式HP
宇都宮メディア・アーツ専門学校公式HP
http://www.media-arts.ac.jp/comicsart.html

宇都宮メディア・アーツ専門学校【まんがアート科】の特徴

宇都宮メディア・アーツ専門学校は栃木県内に根差した専門学校です。漫画家だけでなく映像や音響、建築インテリア業界へも多数の人材を輩出。

漫画について学びながら資格取得も可能

宇都宮メディア・アーツ専門学校では漫画の描き方や考え方について学びながら、DTP検定や色彩検定を受けることができます。漫画の専門学校は卒業したからといってデビューや就職が決まるという訳にはいきません。資格があれば、その分卒業後の可能性が広がります。他にもWEBクリエイター能力認定試験やインテリアコーディネーター、漫画能力検定などさまざまな資格取得可能です。

ほぼ毎月楽しいイベントが開催!

宇都宮メディア・アーツ専門学校ではほぼ毎月イベントが開催。地元宇都宮のお祭りへ参加したり、学内パーティーや国内・海外研修旅行など、仲間と絆を深める機会がたくさんありますよ。こうしたイベントで刺激を受けることで新たなアイデアが浮かぶかもしれません。卒業制作展では、それまでに学んだ集大成の作品を制作します。どれも渾身の作品ばかりです。

1人1台パソコン支給

入学時に1人に1台のMacが支給され、在学中はそれを使いデジタルコミックについて学んでいきます。卒業と同時に自分のものになるので、卒業後は使い慣れたパソコンで作業することが可能です。

カリキュラム

実践的な授業が特徴の宇都宮メディア・アーツ専門学校。とにかく描いて学ぶカリキュラム。もちろん基礎からきちんと教えてくれるので、今描けている人もそうでない人も安心して通えますよ。

作画テクニックを身に付ける

アナログ作画の基本である、ペンの使い方からやっていきます。カケアミ・集中線・人物のペン入れなどをマスター。その後人物の描き方や描き分け方、背景を描くのに必要なパースのレッスンなど、実習しながら身につけていきます。

ストーリーの根幹「プロット」と「ネーム」実習

漫画の一番大事な部分と言われているプロットやネームの作り方を学びます。1ページ漫画、4コマ漫画、ストーリー漫画など、同じテーマでもページ数によって表現の仕方が変わってくるので、それぞれの特徴を知りコツを掴むことで成長できますよ。

デジタルコミックを描くためのトレーニング

Adobe社のIllustratorやPhotoshop、セルシス社のClip Studioを使ったイラスト・漫画制作技術を習得。デジタルソフトは使い慣れるまでが大変ですが、実戦を通して基礎から応用までを学べるので高いスキルが身に付きますよ。

授業料

入学金 100,000円
初年度費用 900,000円

プロデビュー実績

  • 「へんぐぇ」朔田 浩美
  • 「シークレット ラブ スクーリー」 中村力斗
  • 「イマドキ☆エジプト神」 美影サカス

など。

口コミ・評判

  • 実践的な授業が多く、スキルアップを実感できる学校だと感じています。漫画家の先生に直接教えてもらえるので、自分1人では気づけないポイントに気づけて、とても勉強になる。(在校生・女性)

  • 時に優しく時に厳しい先生たち。頑張って書き上げた作品を全否定されたこともありましたが、あの時もっと意見をぶつけていれば良かったなと今は思っています。(卒業生・女性)

  • スキルのある先生方に教えてもらえますが、自分がしっかりとした意識を持って作品を作らないと身に付きません。卒業後に就職するためにポートフォリオを作りたい人は在学中に頑張らないとあとあと困りますよ。(卒業生・女性)

校舎

栃木本校 栃木県宇都宮市中央1-10-12

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!