東京デザイナー学院

東京デザイナー学院 マンガ科のカリキュラムや授業内容、プロマンガ家の輩出実績などをまとめました。

東京デザイナー学院公式HP
東京デザイナー学院公式HP
http://www.tdg.ac.jp/dept/manga/

東京デザイナー学院【マンガ科】の特徴

東京デザイナー学院では3つの専攻コースで漫画の描き方を学べます。アナログ、デジタル、ストーリー専攻のなかで自分の得意分野を見つけてくださいね。

マンガ専攻

アナログ作画の技法を中心に、基礎から原稿の仕上げのフィニッシュワークまでを学べるコース。2年次にはアシスタント実習があり、背景や小物の作画も習得できますよ。もちろん、ストーリーを作るうえで大切なネームの作り方も教えてもらえるので「マンガを描きたい」人におすすめのコースです。

デジタルマンガ専攻

プロの漫画家も使っている液晶タブレットでの作画や漫画制作ソフトの使い方を身につけることができるコース。もちろん、アナログ作画の技法も学べますよ。デジタルマンガは世界にも発信しやすいジャンルです。なので、言葉が通じない国にも受け入れられる魅力的なキャラクター作りが大事。デジタル漫画専攻では魅力的なキャラクターやストーリー作りを学ぶことができます。2年次にはデジタルマンガコンテンツと連携した授業を受けることが可能です。

マンガストーリー専攻

マンガの原作者や小説家・脚本家などを目指せるので、ストーリーを考えるのが好きな人におすすめのコースです。ネーム演習やシナリオ制作を学ぶことで、ドラマチックなストーリーを展開が思いつくようになれますよ。2年次にはアイデアトレーニングを行い柔軟な発想力を身につけるので、アイデアに詰まったときでも安心です。

カリキュラム

オリジナルテキストを使った基礎テクニックの習得から、デジタル作画・フィニッシュワークまでを学べるカリキュラムです。アナログ・デジタルのどちらの漫画制作の一連の流れも身につけることができますよ。

漫画制作の基礎をみっちり学べる

オリジナルテキストで漫画の基礎知識を学び、実戦的な授業でペンの使い方やデッサン・クロッキーなど人物や背景の書き方を習得。また、カラーイラストの講習では、白黒の漫画のなかでどのように色を表現するのかも教えてもらえます。

コンペやシナリオ演出など実践的な技術が身につく

コンペ制作やコンペ参加など、デビューに繋がりやすい作品作りについての授業があります。デジタルコミック誌comicoと連携した授業でデビューのチャンスを掴みましょう!また、ネームやシナリオでの演出など、より魅力的な漫画を描くための知識を得ることができ、作品のクオリティアップに繋がります。

デジタル作画やアシスタント実習でよりプロに近づける

デジタル作画は今やほぼ必須のスキル。身につけておけば、アシスタント業の幅も広がります。また、アナログ作画のアシスタント実習も。プロの現場では何が求められているのかを知ることができ、フィニッシュワークも身につくので、キレイな原稿を作れるようになりますよ。

スキルアップしたいなら個別指導も受けられる

放課後に行われる特別授業では授業とは違った個別の指導を受けられます。1人ひとりの作品に対し、どうすればデビューできるのかのアドバイスを貰うことが可能です。厳しい内容になるかもしれませんが、熱い気持ちで受け止めて在学中のデビューを目指しましょう!

授業料

入学金 170,000円
初年度費用 1,177,000円

プロデビュー実績

  • 「カタリベのりすと」 藤屋いずこ
  • 「翠星のガルガンティア」 三途河ワタル
  • 「絶園のテンペスト」 彩崎簾
  • 「RedRaven」 藤本新太
  • 「忌火のダキニ」 sigma

ほか多数

口コミ・評判

  • ちゃんと漫画家を目指す人にとってはとても良い環境だと思います。きちんとサポートしてくれるし、出版社が近いので持ち込みもしやすいです。現役の漫画家が講師なので、現場の声を聞けるのも良い。(女性・在校生)

  • 本気で漫画家になりたい!と思っている人にとってはいい学校です。途中で挫折しても転科できるので、違う道を目指すこともできますよ。漫画家デビューは確実な道ではないんで、本人のやる気次第だと思います。(女性・卒業生)

  • この学校にはいってやっぱり才能だなって思いました…。先生の話は為にはなりましたが、自分の描きたいジャンルじゃなかったです。卒業後もサポートがあればよかったのに。(女性・卒業生)

校舎

お茶の水本校舎 東京都千代田区神田駿河台2-11
神保町校舎 東京都千代田区神田神保町1-34-2
西神田校舎 東京都千代田区西神田2-5-6

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!