日本工学院

日本工学院 マンガ・アニメーション科のカリキュラムや授業内容、プロマンガ家の輩出実績などをまとめました。

日本工学院公式HP
引用元:日本工学院公式HP
http://www.neec.ac.jp/department/creators/manga_anime/

日本工学院【マンガ・アニメーション科】の特徴

スタジオジブリや手塚プロダクションをはじめ、アニメ業界を支える企業に多くの卒業生を輩出している日本工学院。最新の設備や質の高い講師陣、企業連携をふんだんに取り入れた実践型のカリキュラムを組んでいます。

漫画家だけでなくアニメーターやデザイナーなどの職種にも対応

漫画家だけでなく、アニメーター、編集者、アニメ監督、キャラクターデザイナーと幅広い職種をターゲットとしていて、希望の職業に合わせて選べる3コース8専攻を設置。

4年制のコースもあり

日本工学院の一番の特徴は4年制があること。2年制を卒業した後は、4年生の3年次に編入することも可能で、企業とのコラボレーション実習やインターンシップなどを重ねて、現場で活躍できるプロスキルを修得できます。

カリキュラム

漫画制作の基礎を固め、クリエイターに必要なスキルを修得する2年生に加え、さらに発展的な作品制作に取り組む4年生のコースを設置しています。4年生コースを卒業すると、「高度専門士」の称号が与えられ、就職活動が有利になります。

マンガコース

アナログとデジタル両方の漫画制作スキルを学び、大手出版社の協力のもとデビューを目指すコース。漫画家に必要なスキルをすべて身につけるコースと、アシスタントのプロを育成するマンガアシスタント専攻もあります。

アニメーションコース

原画制作、動画制作、撮影、コンポジット、背景美術、CG作画など、アニメーション制作に必要なスキルを短い時間で習得します。企業との共同研究やインターンなど、実践につながる授業も豊富です。

キャラクターデザインコース

このコースからさらに、ゲームイラスト、キャラクターイラスト、コミックイラストの専攻にわかれ、それぞれの専門性を追求していきます。デッサン、色彩の基礎、発想力や描画力を高めるカリキュラムが豊富です。

出張編集部

大手出版社の編集部が来校して生徒ひとりひとりの作品を講評する「出張編集部」があり、プロの編集者から直接意見をもらえるほか、作品持ち込みや新人賞に投稿する際のノウハウも教えてもらえます。

優秀な作品は雑誌に掲載されることもあり、在学中にデビューを果たす生徒もいます。

手厚い就職支援

キャリアコンサルタントの資格を持つ職員がひとりひとりの適正をふまえ、企業選びや職業選択をアドバイス。

また、プロの現場を見学・体験できるインターンシップも充実していて、豊富な選択肢から自分に合った就職先を見つけることできます。

一般常識問題や作文、模擬面接の指導も充実していて、社会に出てから役立つ知識もしっかり学べます。

授業料

入学金 200,000円
初年度費用 1,409,200円

プロデビュー実績

デビュー実績21名以上。

  • 「ふらいんぐうぃっち」石塚千尋
  • 「ベストブルー」平方昌宏
  • 「ぐでたま ぐでたま みつけた!」ささむらもえる
  • 「阿部のいる町」井上菜摘

ほか多数。

口コミ・評判

  • 生徒数が少ないのでひとりひとり手厚く指導してくれます。サポートセンターや求人情報が充実していて就職のアドバイスにも乗ってくれました。(男性)

  • 先生は生徒ひとりひとりの作風を把握していて的確なアドバイスをしてくださいます。ビジネス検定や色彩検定の対策もカリキュラムに含まれていて、資格が取れるのが良かったです。(女性)

  • 先生方がみんな熱心です。課題を提出すると個別にしっかりアドバイスが受けられます。漫画制作で自分の描いた漫画が単行本の形になったときは達成感がありました!(女性)

校舎

蒲田キャンパス 東京都大田区西蒲田5-23-22
八王子キャンパス 東京都八王子市片倉町1404-1
登別キャンパス 北海道登別市札内町184-3

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!