東京コミュニケーションアート

東京コミュニケーションアート マンガ専攻のカリキュラムや授業内容、プロマンガ家の輩出実績などをまとめました。

東京コミュニケーションアート公式HP
東京コミュニケーションアート公式HP
http://www.tca.ac.jp/creative/

東京コミュニケーションアート【マンガ専攻】の特徴

3年制でじっくり学べると評判の東京コミュニケーションアート専門学校(TAC)。充実した設備や多様化する漫画業界で戦っていく力を身につけるカリキュラムが魅力です。

プロから学べる特別授業

東京コミュニケーションアート専門学校では、特別授業として現役のプロクリエイターを招いた授業が行われています。漫画家はもちろん、イラストレーターやデザイナー、声優までさまざまな業界で活躍するプロが講師。特別授業の中には体験入学で受けられるものもあるので、気になる講師がいるときには参加してみてはどうでしょうか。気になるプロの技や専門知識を学ぶことができますよ。

デビュープロジェクトで学生を応援

東京コミュニケーションアート専門学校で行われている「金の卵展」。在学中の生徒たちの作品をあつめた展示会には、多くの企業編集部から人が訪れます。編集部の人の目に留まれば、在学中のデビューも夢じゃありません。他にも企業とのコラボ企画も満載。色々な道からプロデビューを目指すことができますよ。

充実した設備でクリエイティブに学べる

学生たちが学べるようにと、設備は24時間使用がOK。警備員が常駐しているので、夜遅くなっても安心です。同じ夢を持つ仲間と語り合いながら、日々の時間を無駄なくスキルアップに使えるのはうれしいですよね。機材の貸し出しも行なっているので、自分の時間を有効に使うことができます。

カリキュラム

東京コミュニケーションアート専門学校には漫画制作の基礎から応用までだけではなく、仕事の幅を広げるためのカリキュラムも用意されています。また、色彩士検定やマイクロソフトオフィススペシャリストといった資格取得もサポートしてくれますよ。

画力アップを目的とした授業

画力の基礎はデッサン力、躍動感ある絵を描くにはクロッキー、など画力向上のための授業が充実。漫画的な表現のための背景効果やアシスタントテクニックも身につければ、魅力ある絵が描けるようになりますよ。

デジタル作業やシナリオ作成を学ぶ授業

パソコンの基礎知識から教えてもらえるので、東京コミュニケーションアート専門学校に通う前にパソコンに触れたことがなくても大丈夫でしょう。パソコン操作の基礎を学んだら、DTPやデジタルでのコミック作成についてもきちんと学ぶことができます。

グローバルな活躍も視野に入れた授業

東京コミュニケーションアート専門学校では漫画の授業以外に英会話や海外研修といったグローバルな授業も。日本のカルチャー産業はいまや世界規模で展開されています。世界で活躍する漫画家を目指してみてもいいかもしれません。

授業料

初年度費用 1,140,000円

プロデビュー実績

  • 「犬神さんと猿飛くんは仲が悪い」 タチバナロク
  • 「骸盗アリス」 くらげ壱
  • 「青春アウェー」 コータ
  • 「ツギハギ漂流作家」 鈴木 手毬
  • 「QP我妻涼desperado」 今村KSK

ほか多数。

口コミ・評判

  • 3年という期間があるので、自分のやりたい分野のことを徹底的に学べます。他の学科とのコラボができるのもいいですね。あと、先生がおもしろい!(在校生・女性)

  • デビューを目指して持ち込みをしています。先生や仲間たちには困った時に相談できる環境です。もし、在学中にデビュー出来なくても、卒業後のサポートもあるので安心しています。(在校生・男性)

  • 基本をしっかり学べました。でも、デビューできるかどうかは完全に個人のやる気にゆだねられます。やる気のある人なら、充実した学生生活が送れるんじゃないでしょうか。ここでできた友人もやる気のあるグループだったので、脱落せずにすみました。(卒業生・男性)

校舎

東京校のみ 東京都江戸川区西葛西6-29-9

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!