HOME初心者でもできる!超カンタンな漫画の描き方これだけは揃えておきたい必須アイテム

これだけは揃えておきたい必須アイテム

漫画を描く際に必要な道具を紹介します。初心者の人は、まずここで紹介する道具を揃えましょう。

漫画初心者が揃えておきたい道具リスト

最近ではソフトを使いパソコンで漫画を描く漫画家も増えています。しかし、漫画を描く知識に加えてITスキルも必要となるため初心者が手を出すのは困難です。まずは、紙とペンを使った基本の描き方を修得しましょう。

漫画製作には、次のような道具が必要です。

原稿用紙

ケント紙などの厚手の紙であれば使う紙は自由です。初心者なら、漫画専用の原稿用紙が便利です。メモリやトンボ、断ち切りなどの目印が印刷されているので使いやすいでしょう。

ペン

漫画を描くときはつけペンを使います。使い捨てのペン先とペン軸を両方用意しましょう。

キレがあり、力強さを表現できる「Gペン」と、細い線も太い線、人物の瞳や髪の毛を描くときに使われる「丸ペン」の二つがスタンダードです。

ワクや描き文字に重宝する「ミリペン」やベタ塗りに適している「筆ペン」、ホワイトを広範囲に塗れる「面相筆」も揃えておくと便利です。

インク

ペン先につけるインクです。習字のときに使う墨汁や製図用の黒インクのどちらでも構いません。墨汁は黒インクよりも濃いですが乾くまでに時間がかかる、黒インクは墨汁よりも乾きやすく扱いやすいですが高価です。

ホワイト

はみ出しや汚れ、失敗箇所の修正や、髪の艶、瞳の輝きを表現するときに使います。ホワイトインク、修正液、ポスターカラーの3つを用途に合わせて使い分けます。

修正ペンやポスターカラーは手軽で便利ですが広い範囲の修正には不向き。使い道が広いのはホワイトインクです。

スクリーントーン

網目やグラデーションなどの背景や効果をつけるときに使います。さまざまなパターンの模様がプリントされていて、使い方ひとつで作品のイメージががらりと変わります。

薄いフィルム状で原稿に直接貼って使います。カッターで削ったり、重ね貼りをしたりすることも可能です。

トレーシングペーパー

半透明の薄い紙です。ベタやスクリーントーンの上にセリフを書くときに、原稿用紙にトレーシングペーパーを貼り、鉛筆で字を書きます。

定規・カッター

枠線を引くときは直線定規、平行線には三角定規、曲線を描く場合は雲形定規や製図用テンプレートを揃えておくと便利です。スクリーントーンのカットに便利なデザインナイフがあるとさらに効率的です。

デジタル用タブレット&ソフト

最近では漫画制作ソフトを使う作家も増えています。ペンタブレットを使って絵を描く手法で、アナログと見分けがつかないペンタッチを再現できます。

アナログだと手間も費用もかかるトーンが無制限に使い放題、さらに集中線や効果線を一瞬で作成でき、セリフ入れも簡単と、至れり尽くせりです。

プロの漫画家でもペン入れまでは手描きで、その後の作業はデジタルと使い分けている方もいます。アナログもデジタルもそれぞれ良さがありますから、実際に使いながら自分に適した使い方を見つけていきましょう。

技術を磨きたいと思ったら

必要な道具が揃えば漫画を描くことはできます。しかし、道具の扱い方や効率よく作業を進めるコツを独学で習得するには限界があります。

漫画をもっと上手に描けるようになりたい!と思ったら、専門学校に入学して基礎から学ぶのが最も確実です。より漫画製作が楽しめるようになりますよ。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!