HOMEマンガの専門学校に行くメリットは?

マンガの専門学校に行くメリットは?

漫画の描き方を一から学べる漫画専門学校。独学ではなく、学校に行くメリットをご紹介します。

マンガの専門学校に通うメリットはたくさんある

最近は、マンガ科を設立する美術系専門学校や、マンガ科を中心に展開する専門学校が増えています。漫画は独学でも描けるのに、なぜ需要があるのか気にありますよね。そこで、専門学校で学ぶメリットをご紹介します。

漫画の基礎をしっかり学べる

一番のメリットは独学では修得が難しい漫画の技術や知識の基礎をいちから学べることです。仕事をもらうにしても、基礎を知っている作家の方が編集者も扱いやすく、アシスタントから始める場合も基礎を身につけていれば即戦力になります。

独学だと何から勉強すれば良いか分からず、自分の強み・弱みも客観的な視点で把握するのは困難です。その点、専門学校では最短ルートで画力を高めるカリキュラムが組まれているので、順に従って確実に技術を向上できます。

ペンの使い方、コマ割り、物語の構成など、魅力的な作品づくりに必要なノウハウを修得できるため、独学でデビューした作家に比べて重宝されるというメリットもあります。

漫画制作は奥深く、さまざまな知識や技術力が必要とされます。漫画に必要なテクニックを少しだけご紹介します。

つけペン:ペン先にインクを付けながら描いていく技法です。さまざまな線で多彩なペンタッチを表現できる力を身につけることが大事。漫画家の命とも言われる技術です。

パースデッサン:漫画に登場するさまざまな人物、街並みなどの風景、建物などの背景を立体的に奥行きを感じられるように表現する技法です。

スクリーントーン:漫画用の画材で、さまざまな模様が印刷された粘着フィルム。切り取って漫画の背景や服、吹き出しなどに使用する。このスクリーントーンの使いこなすことがワンランク上の作品を生みます。

その他、漫画に必要なストーリーの書き方はもちろん、さまざまな作品を見てストーリー構成を学んだり、シナリオの書き方も学ぶ必要があります。また、最近主流になっているデジタルコミックの技術や知識の習得も欠かすことができなくなってきています。制作ツールを使ってパソコンでマンガを描いていきます。

プロとして活躍できるようになるまでには、たくさんのことを学び、技術を身につける必要があります。それがレベルの高い、多くの人から求められるような作品を生み出す原動力となるのです。

このように、さまざまな知識や技術を効率よく身につけることができることが、学校に通うメリットの一つといえるでしょう。

プロの漫画家が直接指導してくれる

学校にもよりますが、多くの場合は担任や講師にプロの漫画家を採用しています。プロの漫画家が講師を務めるメリットは、現場で求められる知識や技術を教えてもらえるところです。

自身も下積みを経ているため、アシスタントに必要なスキルや編集者との付き合い方、デビューや連載を勝ち獲る方法など、自身の経験から具体的にアドバイスしてもらえます。

また、業界に身を置いている方なので、就職先の紹介などで力になってくれることもあります。

デビューや就職のサポートがある

いざ漫画家になろうと思っても、何から始めればいいか分からないという方も多いでしょう。新人賞や持ち込みは独学の漫画家さんでもできますが、いくら才能があっても売り込み方が間違っていると編集者の目に止まらない可能性も高いです。

専門学校では、編集者が求める原稿の書き方やコミュニケーションのノウハウ、業界ならではのルールもしっかり教えてくれるので、安心して就職活動に専念できます。

学校によっては編集者たちを招いて持ち込み作品を批評してもらうイベントもあり、デビューやアシスタント紹介の足掛かりを作っています。

いくら絵が上手くても、ストーリーがよくても、漫画家として活動するにはきっかけが必要です。

コンテストなどに応募して受賞したことが、デビューのきっかけになったという漫画家の方や、ポスターの絵(大学や地元のイベントなど)を描いたことがデビューのきっかけになったという方もいました。最近では、自分の作品を投稿できるスマホアプリなどを中心に、漫画を読んだり投稿したりできるようなネットサービスも多数あり、それを読んだ編集者や一般読者からの反響がきっかけになったという方もいて、時代のニーズに合わせて変化している漫画コンテンツを上手く活用して、デビューのきっかけを作っている方が増えていると感じます。このようにデビューのきっかけも多様化しているようです。

とはいえ、きっかけを自分で作るのは、容易なことではありません。

自分でアポイントを取り、直接出版社に持ち込もうとしても、なかなか編集者の目に止まることもまた、難しいものです。未経験者やコネクションなどが編集者にないという人がほとんどだと思いますが、その場合、なかなかアポイントが取れなかったり、目を通してすらもえないなど、厳しい現実を目の当たりにすることが多いものです。

学校によって前述のような持ち込み作品を批評してもらうイベントの他、ポートフォリオ作品を見てもらえたり、企業や編集社とのマッチングを目的としたイベントがあるなど、さまざまなきっかけを学校側が用意してくれるというメリットがあります。

それにしてもいきなり「漫画家」として活躍するのは容易なことではありませんので、学校卒業後にはアシスタントやアルバイトとして漫画制作に携わるという人も多いというのが現実です。諦めずに可能性やチャンスを模索し続けることが大切です。そういったことも含めて、まずは漫画制作の仕事に携わるきっかけを作ることが必要不可欠といえます。

漫画制作にかかわらず、いわゆるクリエイティブの世界では、とにかくその世界に身を置き、クリエイティブし続けることが重要です。経験を重ねていくことで、実績も徐々に蓄積されていきます。まずは楽しみながら、そして徐々に職業としてクリエイティブすることの厳しさ、悔しさなど多くの経験を通して、その世界における自分のクリエイティブの方向性や強みなど、いろいろなものが見えてくるはずです。

そう考えてみても、やはり経験もコネもない最初の段階では、学校のサポートを最大限に生かして仕事を得るというのが確実ではないでしょうか。

学校の就職センターなどにマメに通って情報を得たり、講師と親しくすることで就職なども含めたさまざまな情報を得られるということもあります。在学中に講師の紹介で、短期間の漫画制作アシスタントのアルバイトをしたことがきっかけとなって、そのまま仕事を得られたという人もいます。そのような専門性の高い学校の在校生に、少し安い値段で仕事の手伝いを頼みたいというのはよくあることでもあり、そのようなチャンスが在校中に訪れるということもあります。真剣に学び、コミュニケーションを取ろうとしてくるようなやる気のある学生は、講師から推薦してもらえたり、紹介してもらえることもあります。また、学校によっては、アシスタントとして卒業生の作家の元に派遣して学ぶことができるというシステムがあるというところも。

学校によって、このようなきっかけを多数作っていますので、どの学校に行ったら、より確実に自分の夢を実現できるか、という視点で学校を比較検討してみると良いでしょう。

「日々、どこにチャンスが転がっているかわからない」そんな気持ちで、誠実に学んで行ってください。

漫画連載以外の就職口にも精通

最近では、雑誌に漫画を掲載する以外にも自分の作品を世に送り出し、多くの人に見てもらえる機会が増えています。

SNSサイトへの投稿やゲームのキャラクター制作など、連載以外でも有名になる方法はたくさんあります。漫画を生かす方法や就職の選択肢を教えてもらえるので、就職難民になる心配がありません。

就職内定率がほぼ100%というのも、専門学校ならではの利点と言えるでしょう。

また、専門学校によっては大卒の資格を取れるところもあるので、親の説得材料にもなりますよ。

ある学校のデータをみると、漫画家(作家)希望者は全体の20%程度で、就職希望者が全体の70%を占めているということでした。学校で漫画制作を学んだあとは、企業に就職してクリエイターになりたいという人の方が作家になりたいという人よりも断然多く、初めから就職を視野に入れて学校に入学している人が多いようです。好きなこと、興味があることをしっかりと学校で学び、それを武器にして就職している人が多いというわけです。

就職に関しては、多少学校によって力の入れ方(学校の特色としてアピールする強さ)に差があるようです。学校によっては制作に関するノウハウだけではなく、履歴書の書き方、面接対策、話し方などのビジネスマナーもカリキュラムの中に含めて指導してくれるというところもあります。

漫画以外にも、各学校さまざまなコースがあり、イラストレーター、グラフィックデザイナー、ゲームグラフィッカー、アニメの制作スタッフなど、それぞれの職業に必要な知識や経験を得ることができます。そのため、各コースごとに就職率は異なります。将来性や自分がやりたいことなどをさまざまな角度からよく考えたうえで、コースを選定することも必要です。また、在学途中で将来の方向性が変わるということもあります。例えば、最初は作家を希望していても、就職を希望することになるという可能性もあります。そのような場合でも柔軟に修正可能な学校であるかどうか、ということも重要なポイントです。

就職に関する情報が豊富で、ビジネスマナーなどの就職に必要なこともしっかりと指導してくれる、就職実績がある、そんな学校を選べば安心です。

仲間と切磋琢磨しながら技術を磨ける

漫画制作は孤独な作業が多いので、モチベーションを維持できないこともあると思います。でも、専門学校には同じ夢を持つ仲間が大勢います。

仲間から受ける刺激は技術力の向上にも繋がりますし、情報を共有し合いながらお互いに成長できます。これは独学では得られない醍醐味です。

学校には卒業生の中にプロの漫画家として活躍している先輩がいます。上昇意識が高く、本気でプロの漫画家を目指して研鑽を積もうと努力している在校生の存在は在校中だけではなく、卒業後も大切な存在です。仕事を紹介したり、一緒に仕事をしたりという機会もあるかもしれませんし、情報交換をするなど、さまざまな形で関われる仲間をたくさん作っておくことは、漫画家として活動するだけではなく、企業への就職をした場合にも、年齢が上がれば上がるほど、重要な人脈となって自分の大きな武器になるものです。打算ではなく、一生付き合えるようなたくさんの仲間との出会いのきっかけを作れることこそ、実は一番大きな学校に通うメリットといえるかもしれません。人との出会いは何よりの財産です。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!