HOMEマンガの専門学校に行くメリットは?

マンガの専門学校に行くメリットは?

漫画の描き方を一から学べる漫画専門学校。独学ではなく、学校に行くメリットをご紹介します。

マンガの専門学校に通うメリットはたくさんある

最近は、マンガ科を設立する美術系専門学校や、マンガ科を中心に展開する専門学校が増えています。漫画は独学でも描けるのに、なぜ需要があるのか気にありますよね。そこで、専門学校で学ぶメリットをご紹介します。

漫画の基礎をしっかり学べる

一番のメリットは独学では修得が難しい漫画の技術や知識の基礎をいちから学べることです。仕事をもらうにしても、基礎を知っている作家の方が編集者も扱いやすく、アシスタントから始める場合も基礎を身につけていれば即戦力になります。

独学だと何から勉強すれば良いか分からず、自分の強み・弱みも客観的な視点で把握するのは困難です。その点、専門学校では最短ルートで画力を高めるカリキュラムが組まれているので、順に従って確実に技術を向上できます。

ペンの使い方、コマ割り、物語の構成など、魅力的な作品づくりに必要なノウハウを修得できるため、独学でデビューした作家に比べて重宝されるというメリットもあります。

プロの漫画家が直接指導してくれる

学校にもよりますが、多くの場合は担任や講師にプロの漫画家を採用しています。プロの漫画家が講師を務めるメリットは、現場で求められる知識や技術を教えてもらえるところです。

自身も下積みを経ているため、アシスタントに必要なスキルや編集者との付き合い方、デビューや連載を勝ち獲る方法など、自身の経験から具体的にアドバイスしてもらえます。

また、業界に身を置いている方なので、就職先の紹介などで力になってくれることもあります。

デビューや就職のサポートがある

いざ漫画家になろうと思っても、何から始めればいいか分からないという方も多いでしょう。新人賞や持ち込みは独学の漫画家さんでもできますが、いくら才能があっても売り込み方が間違っていると編集者の目に止まらない可能性も高いです。

専門学校では、編集者が求める原稿の書き方やコミュニケーションのノウハウ、業界ならではのルールもしっかり教えてくれるので、安心して就職活動に専念できます。

学校によっては編集者たちを招いて持ち込み作品を批評してもらうイベントもあり、デビューやアシスタント紹介の足掛かりを作っています。

漫画連載以外の就職口にも精通

最近では、雑誌に漫画を掲載する以外にも自分の作品を世に送り出し、多くの人に見てもらえる機会が増えています。

SNSサイトへの投稿やゲームのキャラクター制作など、連載以外でも有名になる方法はたくさんあります。漫画を生かす方法や就職の選択肢を教えてもらえるので、就職難民になる心配がありません。

就職内定率がほぼ100%というのも、専門学校ならではの利点と言えるでしょう。

また、専門学校によっては大卒の資格を取れるところもあるので、親の説得材料にもなりますよ。

仲間と切磋琢磨しながら技術を磨ける

漫画制作は孤独な作業が多いので、モチベーションを維持できないこともあると思います。でも、専門学校には同じ夢を持つ仲間が大勢います。

仲間から受ける刺激は技術力の向上にも繋がりますし、情報を共有し合いながらお互いに成長できます。これは独学では得られない醍醐味です。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!