HOMEデビュー前に知っておきたい気になる漫画業界のウラ側漫画が雑誌に掲載されるまでの流れとは

漫画が雑誌に掲載されるまでの流れとは

漫画家は実際にどんな仕事をする?ネームから原稿納品まで仕事の流れをまとめました。

週刊・月刊誌に連載を持つ漫画家の仕事内容

漫画家の仕事と聞くと、原稿用紙に向かってひたすらペンを走らせる姿をイメージするかもしれません。でも、実際にどんな仕事をしているか、知らない方も多いのではないでしょうか。

漫画家の仕事は基本的に出版社から依頼を受けて、期日までに納品する流れになります。絵を描くだけが仕事ではなく、シナリオの構想を練り、ネームと呼ばれる絵コンテの作成からスタートします。

その後、本原稿の作成、修正を重ねて納品するのが、大きな流れです。

書籍によって細かなプロセスの違いはありますが、週刊誌も月刊誌も流れはほとんど同じです。では、具体的にどのように仕事を進めていくのか見ていきましょう。

ネーム(絵コンテ)の作成

仕事の依頼を受けたら、まずストーリーのネタを探し、ラフを作成します。コンセプトを決める大切なプロセスなので、「どんな流れにしようか?」と、編集者と打ち合わせをしながら一緒に決めていくこともあります。

ネタがなく困ったときには編集サイドが提案してくれることもあるので、編集担当者との信頼関係づくりも大切です。

コマ割り

アイデアが固まったら登場人物のキャラクターや話のテーマに合わせたコマ割りをします。吹き出し内部のセリフもこのときに考えます。再度編集者のチェックを受けてストーリーを固めていきます。

ペン入れ

原稿用紙に鉛筆で下書きをして、それから黒インクや絵の具、カラーインクなどで仕上げをします。トーン貼りやベタ塗り、効果線などの作業はアシスタントに任せることも多いです。

どうしても難しい部分は作家自身が描きますが、ペン入れや背景もアシスタントが担当します。経験豊富なアシスタントだと漫画家よりもうまいと言われるほどです。

人気雑誌の連載はとてもハードで、特に週刊連載の場合は毎週締め切りがくるので体調を崩しがち。そのため、人気作家はアシスタントを雇い分業で仕上げています。

入稿

原稿が完了したら編集者に届けて、仕事が完了します。

漫画家にはその他にもいろんな種類がある

漫画週刊誌や月刊誌での連載のほかにも、漫画が掲載されている媒体があります。その中でもWeb漫画と広告漫画について解説。漫画家といってもいろいろな種類があるのです。

Web漫画家

インターネット上のサイトやパソコン・スマホなどのアプリで読める漫画を描いている漫画家のことを総称してWeb漫画家と言います。漫画の作成の流れは雑誌に載せるときと大差はありませんが、ほとんどの作家さんがデジタルでの漫画作成を行なっていて、納品もメールやファイル送信サービスなどを通して行われます。

企業が運営しているWeb漫画サービスでの連載や、作家個人が電子書籍で出版するなど、Web漫画の形態はさまざま。作品発表の場が増え、漫画家として知名度を獲得しやすい手軽な方法である一方で、原稿を書かせて稿料を支払わない悪徳な業者も存在しているのが現状。Web漫画家を目指すなら、ネットリテラシーを身につけておくと余計なトラブルに巻き込まれずに済みますよ。

広告漫画家

広告媒体に載せる漫画を仕事にしている人のことを、広告漫画家と言います。進研ゼミの漫画と言えば分かりやすいでしょうか。他にも、企業のサイトやチラシなどに載っている漫画を描く仕事があります。

宣伝用、説明用といった内容の漫画を描くことが多いですが、中には個人からの依頼で結婚式で配布する新郎新婦の出会い漫画、なんて依頼もあったりします。

クラウドソーシングサービスや広告漫画専門のサイトを通じ、仕事を受けて作品を制作します。その後、企業の望む形で納品し完了。企業のイメージを漫画に起こす仕事なので、指示通りのものを納品できるかどうかが必要なスキルになってきます。もちろん、一定の画力も必要なので今まで一度も漫画を描いたことが無い人がいきなりチャレンジするのはハードルが高いかもしれません。

生活リズムを整えて仕事をする作家さんも

漫画家は寝る間もなく徹夜で働くイメージがあるかもしれません。しかし、連載漫画を持っている作家の中には、ネームに1日、ペン入れに3日、仕上げに1日、あとの2日は休みと、毎日のサイクルをしっかり決めている方もいます。

また、1日の中でも毎朝9時に始業して昼食休憩をとり、定時を決めて仕事をこなす方もいます。週刊誌、月刊誌の連載となると心身ともに健康管理が必要となるため、スケジュールや生活リズムの管理も仕事の一環と言えるかもしれませんね。

漫画家の苦労や大変さは?

漫画家という職業には作品から読み取れない苦労や大変さがあります。漫画家の本音を集めてみました。

ネタが出てこない

作品の元になるアイデアのことをネタと言います。ネタが浮かばなければ、そもそも漫画にはなりません。まず最初の一歩目が「ネタが浮かぶかどうか」。思いつかずにノイローゼ気味になってしまう人もいるほど、漫画家の悩みのタネです。

1人きりの作業が多い

作品を作り上げる工程のうち、アイデアだしやネームなど1人での作業が多い漫画家。延々と机やパソコンに向かっていなくてはならず、気が付けば誰とも話していないまま1日が終わってしまうことも有るのだとか。

人気が出ると人間関係がたいへん

人気作家と言われる人たちのほとんどが、アシスタントを雇っています。また、担当編集者以外の出版関係の人と会うことも増えますし、人によってはテレビ番組やイベントに出ることも。コミュニケーションをとるのが苦手な人にとっては、そういった場や人間関係の調整は悩みのタネになることも有ります。

漫画家のやりがいは?

漫画家になった人たちが感じるやりがいをまとめてみました。「いつか自分もやりがいを感じながら漫画を描きたい!」と思う人にとっては、なによりの励みになりますよね。どんなときにやりがいを感じているのか、漫画家の声を紹介します。

感動を届けられる

自分が書いた漫画を読んで心動かされたという読者の声を聞くことが、なによりのやりがいだと感じている漫画家は多いもの。漫画は娯楽なので、生活の必需品ではありません。しかし、人の暮らしの中に感動は必要です。感動を届けられる漫画は人の暮らしに必要なもの…かもしれません。

自分の世界を表現できる

頭の中に描いたものを、漫画として表現することができるのがやりがいだという漫画家もいます。「描いて表現すること」が仕事になり、生きていけるというのはとても幸せです。もちろん、生みの苦しみを味わうこともあるでしょうが、自身の作品を描き上げた喜びの方が大きいはず。表現者としてのやりがいがそこにあります。

苦労も多いと言われる漫画家の仕事ですが、それでも「なりたい!」と思わせる魅力がたくさんありますね。どうすれば漫画家になれるのか、決まった正解はありません。

ですが、1人で学ぶよりも同じ志をもつ人たちと一緒に学ぶ方がいろいろな知識やスキルを得ることができます。やる気ある仲間を見つけて、漫画家デビューを目指しましょう!

王道の方法で、雑誌に掲載されるまでの道

漫画家というのは自称してしまえば誰でも漫画家です。

しかしながら、自称漫画家ではアマであり、お金をもらって生活するプロではありません。

プロとアマの違いは、お金をもらっているちがいだけではないとは思いますが、お金がなければプロと言えないのも事実です。

漫画家志望者が1万人いたとしたら、1人がお金をもらえて生活できているプロになれるぐらいの確率です。どのようにしたらプロの漫画家になれるのでしょうか。

漫画家になれる方法は様々で、雑誌に掲載されるまでの道のりも様々です。今から述べるのはあくまで王道の連載への道になります。これは理想なので、このようにエリートでストレートに雑誌の掲載の道に輝くとは限りません。ですが、邪道はまず王道を経験してからやるべきなので、まずは王道のやり方を試したらいいのではないでしょうか。

まず漫画を完成させる

売り込む商品となる漫画がないと話になりません。いくら自分で漫画家になりたいと言っても成果や努力した結果がないと、ただ口で言っているだけのやばい人になってしまいます。

なので、自分はこれだけできるという証となる漫画を描いてから、初めて、さあどうしようという話になります。漫画はおもしろさだけでなく、絵の画力なども見られますし、完成品としての様々なテクニックが見られます。また、絵で人間性もわかるかもしれませんし、漫画に手を抜いたかどうか、きちんと向き合って作り上げたかも、見ている人には伝わるものです。まず、人に見せられる漫画を作ってください。

賞に応募する

次に雑誌社などが主催をするコンクールや賞レースに応募してみると良いでしょう。

ここで優勝や入賞をすると、もれなくそのままデビューできるという特典付きの賞もありますし、優勝して編集者などの目に止まり、連載デビューということもあります。

これは優勝しなくても上位に入賞することで関係者から声がかかることがあります。こうしたコンクールは数百や数千の中から一つなどの確率なので、険しい道です。

ただ応募してみれば自分の実力もわかりますし、自分で過信していた天狗の鼻がおられるのもいい経験です。自信を持つのも大切ですが、謙虚さも必要となります。

雑誌社に持ち込む

先ほど賞に応募するとありましたが、それをしなくても、いきなり雑誌に持ち込んでもいいです。一度賞レースに応募してみてからでもいいです。

こうした賞だと送っただけで音沙汰なしということが多くあります。

雑誌社へ持ち込めばダイレクトに編集者という一般のお客さんの目線とビジネスとしての立場から意見をくれます。一見断られると躊躇しがちですが、雑誌社は受け入れ体制ができています。新人発掘は常にしているので、埋もれている人材が掘り出されることがあります。

滅茶苦茶に言われることもありますが、編集者は何万もの漫画を見ている猛者なので、売れる漫画はどうなのか、面白い漫画とはどうなのかについて、ためになるアドバイスを得られるでしょう。それで認められると、掲載を得られることがあります。

読み切りで掲載される

編集者に実力が認められると雑誌の掲載を得られることがあります。いきなり掲載をするなどということはよっぽどのスターでないとありえませんが、編集者の助言を聞いて修正して、持ち込めば、ある日にデビューという流れになります。通常、売れる保証や評判が高くなるという保証が新人にはないので、いきなり連載という流れにはなりません。まずは単発で1回きりの読み切り者として実験的に掲載が行われることがあります。

評判が良ければ連載になる

単発で掲載が行われると、読者から評判が上がります、これで面白いなどの声が高かったりすると、次にまた単発で掲載の話があったり、連載でスタートしようという話になります。

また連載が評判になると、単行本を発行しようという流れになります。これで印税というものが入るので、安定した収入を得られることができます。

ヒット作が何作もあれば収入も倍増で印税が永続的に入ってきますし、単価も上がります。

大御所や売れっ子となりますので、この人の作品を見たいと読者が思うようになるので、何を書いても、というと嘘ですが、自由に自分の書きたいもので稼ぐことができます。

邪道な方法で、雑誌に掲載されるまでの道

先ほど述べたのは、いわゆる王道と呼ばれるエリートコースで、他にも様々な方法があります。芸能人になるにもスカウトや友人が勝手に応募して気づいたら有名になっていたエリートコースを歩む人や、舞台などで役者活動をしてから、あるきっかけで有名になるというケースもあります。これは邪道かどうかわかりませんが、遅くしてデビューする人も中にはいますし、エリートコースから外れたからといって悲観することはありません。

SNSに投稿する

雑誌に持ち込みを続けても、なかなか編集者がいいと言ってくれないと人の目に触れることも少ないです。これだとどうしてもモチベーションが下がってしまします。

編集者が自分とハマっていないかもしれませんし、他の編集者ならすぐ掲載につながるかもしれません。

SNSに投稿するという手もあります。ネットの世界は面白いものは面白いと言ってくれますし、ツイッターなどに手軽に投稿すれば誰かの目に止まるかもしれません。

雑誌社から声がかかる

ツイッターで話題になると、数万のリツートやいいねがつくようになります。

これを雑誌やネット媒体の編集者などは見ていますから、うまくいけばそのまま掲載ということになります。SNSは数が見えますから、編集者としても売り上げの見込みができますから安心してすることができます。

読者がこれだけいるとわかるので、大コケすることもありませんので、損益を被らなくて済むからです。最近ではKindleなど電子書籍もあるので、経費もかからず出版もできます。

地道な方法で、雑誌に掲載されるまでの道

邪道な方法としてSNSからデビューと言う道を述べましたが、それだけではありません。漫画家になりたいという情熱があれば、長く期間がかかるかもしれませんが、掲載されることがあります。

持ち込みを何度もやる

最初に編集者に持ち込んだ時は、かなり評価も低く、ダメ出しを多くされることが多いかもしれません。これをダメだと思ったらそこでおしまいです。編集者の意見も取り入れることができればダメ出しが減っていきますし、漫画が作品として人の目に触れられても恥ずかしくないものになります。

専門学校に行く

漫画を学校で習うなんてと鼻で笑われる時期もありましたが、今では漫画はジャパニーズカルチャーとして認められています。

大学で漫画を習えるところや専門学校で学べるところは全く珍しくありません。独学でやる必要はないです。例えば寿司屋の修行を3年でやるところを3ヶ月で学べるかもしれません。

知識や技術を得るには学校に行ってからでも遅くありません。

アシスタントをやる

学校では理論的に基礎が学べますが、漫画家のアシスタントをすれば、プロの現場でお金をもらいながら学べますし、技術も上がります。

また、編集者などと顔見知りになるなど、横のつながりもできますので、実力の世界とはいえ、紹介で仕事が舞い込んでくるかもしれませんのでお得です。

働きながら同人誌販売する

漫画家のアマだと収入源がないので、アルバイトや正社員など別の仕事をしながらやらないといけません。

同人誌と言われる漫画の自主雑誌で掲載を続けていれば、編集者からまれに声がかかり掲載ということもあります。これを苦労と思わない人が気づいたら掲載を勝ち取っているかもしれませんね。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!