漫画家デビューできる確率は?

漫画家になれる確率について解説。漫画を出版できる確率から連載作家になる確率まで、数値に表してみました。

漫画家になれる確率は何パーセント?

プロの漫画家として食べていけるのはひと握り。連載を持ち、単行本を出す売れっ子は果たして何人いるのか気になりますね。そこで、概算ではありますが、具体的にどれくらいの人が漫画家になれるのか、数字を出してみました。

連載を抱える漫画家は約5,000人

今、日本には雑誌等の媒体に連載を持つ漫画家は約5,000人います。この数字を見ると「意外に多い」と思いませんか?でも、確率で言うと、漫画家志望者が1,000人いるとしたら、賞を受賞してデビューを果たす人は10人程度です。

つまり、1/100の確率です。ざっくり計算すれば確かに100分の1となるので、確率を見るとそこまで悪くなく頑張れば漫画になることができるのでは?と簡単に見えるかもしれませんが、実際のデビューまでの道のりを考えると簡単に行くようなものではありません。実は連載を抱える漫画家になるためには、様々な道のりを超えなくてはいけません。

連載までの険しい道のり

ベテランの漫画家であれば、実績がある程度あるので連載にこぎつけるまでには比較的用意です。担当になった編集の人と企画を作り上げて、それが採用されれば連載という形になりますが、新人の場合はそうではありません。様々なハードルを乗り越えて初めて連載へとたどり着けることができるのです。それでは、新人にはどのようなハードルがあるのでしょうか。

雑誌社が募集している大賞作品に応募する。連載にこぎつけるために、大切なのが実績です。一流の漫画家さんも、最初はどこかの雑誌社が主催する大賞作品に応募しているところからスタートをします。雑誌社によって、応募数が異なりますが、平均すると5000〜10000作品応募があります。この中から、大賞および特別賞を受賞することで、初めて道が開かれます。

つまり、この段階で考えると新人漫画家が連載にこぎつけるためには、まず10000分の1の突破をする必要があります。もちろん、応募作品が少ない雑誌社で応募する作戦もありますが、この作戦で連載を狙っても、売れない週刊誌であれば、連載をしていても途中で連載を終えなければならない状況も考えられます。また、人気の週刊誌で連載しなければ、有名な作品を輩出することは難しいです。人気の週刊誌になればなるほど、応募作品数も増えるので、ただ闇雲に応募していれば良いという事態ではありません。そこから、すぐに連載といかず、読み切り作家として作品が掲載されることになります。これも、編集部が認めた作品だけが載るので狭い枠を獲り続けていけるかどうかがカギとなります。

新人の漫画家さんがよくやっている手法としては、編集部に作品を持ち込んでアドバイスをもらい、それに沿った作品を作り応募する。そうすると普通に応募する作品よりも、確率が高く採用されることがあると言われています。ヒット作品を生み出す人、新しい風を起こしたい人と出会えることが、有名漫画家になる確率をあげてくれます。しかし、良い編集部と会える確率はかなり低い確率です。自分で引き当てるというよりかは、運が非常に大切になることなので、雑誌社に足繁く通うことも大切になるでしょう。

連載作家になれるのは1,000人にひとり!

読み切り作家としてある程度の実力が認められたら短期連載、中長期連載とレールに乗れる可能性もありますが、読み切り作家止まりで諦めてしまう新人漫画家も少なくありません。

確率で表すと、1,000人のうち短期連載にたどり着くのは1人だという説もあります。つまり、長期連載を持ち、漫画として生活できる確率は、1/1000にも満たないわけです。

ある調べによるとプロの漫画家になれる確率は0.003%とも言われ、とても狭き門となっています。このように、大賞を取ったからといって連載作家になれるわけではありません。ここで、連載作家として生き残る上で大切なのが、先ほども登場した編集者との人間関係です。作品が面白ければ、漫画家として成功するということではありません。編集者との二人三脚が、連載作家になれる確率をあげてくれます。一体どういうことなのでしょうか。

編集者の意見を大切にすべき理由

良い作品には、良い編集者が必ずついています。もちろん、全員そうとは限りませんが、編集者のおかげで作品が息を吹き返すということはよくあります。

編集者は漫画家を描くスキルは、漫画家の人に比べて劣っていますが、読者がどのような漫画を求めているのか。読者が、どのような作品を買いたいと思っているか。ということに関しては、かなり精度の高い意見を持っています。情熱のある編集者と出会うことで、自分の作品をどのようして世に出してくれるのか?漫画家として、どのように売り込むべきか。ということを真剣に考えてもらえます。

作品を受賞したら、編集者の意見をしっかりと聞くことも大切です。連載打ち切りになりそうな作品でも、起死回生の一手を打てるかもしれません。

しかし、連載していくとなると、時に編集者と意見が食い違ってトラブルになることもあります。そのため、自分の意見をしっかり主張しつつも、この人と一緒に売れていく。という思いも大切です。

諦めなければ高確率でデビューできる!

漫画雑誌に連載を持つのは確かに狭き門です。でも、たとえ才能がある人でも担当つきまでに1年、安定した作品づくりができるまでに2年、合計3年は下積み期間が必要です。

遅い人では4年以上かかる場合もありますが、諦めなければかなりの高確率で連載を持てます。諦めずに努力を続ける人が成功できるのは、漫画業界も同じなんですね。

また、下積みの人にとっては、ある方法が最も効果的があると言えるかもしれません。その方法は、下積みの中では辛く遠回りの方法ではありますが、漫画業界の様々な点でメリットがある仕事です。しかし、辞めてしまう人もいるので、覚悟が必要です。その方法が、漫画家のアシスタントです。

デビューする上で、アシスタントが良い理由

漫画家のアシスタントは、とても過酷な仕事です。

漫画家さんにもよりますが、拘束時間が長いわりにあまり給料をもらえないというところもあります。2016年のメディア白書によると、漫画家アシスタントは26290人いると言われています。

漫画家よりは、人数が多いですが、漫画家さんのような稼ぎはなかなか難しいと言われています。また、人気漫画家のアシスタントになるには、既に信頼できるアシスタントを持っているケースが非常に多いので、いきなり人気漫画家アシスタントをするということは難しいと言えるでしょう。しかし、アシスタントの実績を積んでいくことで、運がよければ人気漫画家のアシスタントをすることも難しいことではありません。アシスタントになることで、メリットはたくさんあります。

1、プロの漫画家にアドバイスをもらえる

アシスタントを抱える漫画家さんは、少なくとも激しい競争を乗り越えて、連載へと到達した数少ない漫画家さんです。漫画家になれるという低確率の中から連載を掴むことが出来た人が目の前にいるということは、アドバイスをいつでも聞ける状況にあるということです。もちろん、いきなりアドバイスを求めても門前払いされる可能性がありますが、ある程度信頼関係を構築することで、アドバイスをもらえるようになるかもしれません。

2、編集の人に顔を売ることができる

漫画家さんのアトリエには、編集者の人も出入りをすることがあります。有名な作品になればなるほど、編集者の人と会う確率は高くなるでしょう。

このような人と出会うことができ、認知してもらえれば、漫画家としてデビューをしたいという夢を知ってもらうことも可能なのです。アシスタントの中には、漫画家になることを諦めて、アシスタントで食べて行くという選択肢を取っている人も少なくありません。それほど漫画家になるというハードルは高いということだけは忘れないようにしましょう。

セルフパブリッシングという手も

漫画家志望者なら誰もが憧れる道ではあります。ただし、今では、インターネットの普及によりさまざま方法で自分の作品を世に出すことができます。

例えば、キンドルマーケットで漫画を出版したり、ツイッターをはじめとするSNSで自分の作品をプロモーションする方法です。

そこで自分のファンを集めておけば、自分で出版する「セルフパブリッシング」も夢ではありません。このやり方であれば9割が出版可能とも言われています。

現在、週刊誌で連載し、単行本を刊行している漫画家は、約5000人程度いますが、彼らだけが漫画家ではありません。最近では、アプリやネットだけで連載を抱えている漫画家がいます。その数が1000人以上。これは、2018年現在の数字ではないので、もう少し増えていると思います。紙媒体以外でも漫画作品を作りたいという選択肢があれば、ネット媒体で力をつけるのも良いでしょう。

ネットで確かな実績を積んでいけば、そのうち紙媒体で書きませんか?というオファーをもらえることが出来るかもしれないのです。

基礎的な技術と知識を身に着ければ確率は上がる!

どのやり方を選ぶにしても、漫画の基礎知識と技術を身に着け、さらに相応の努力をすればプロの漫画家になれる可能性は十分にあります。

確率が低いからと諦めるのではなく、地道に努力を重ね、確実にステップアップいけば道は開けるはずです。

漫画の世界は、確かに競争が厳しい世界です。確率としてはかなり低く、全員が同じ道を歩むことが出来ないので、生き残りを考えるとかなり厳しいと言えます。しかし、最後まで自分の力を信じ諦めずに前へ進んで行くことができればいつか報われる日がくるので、諦めず取り組んでいきましょう。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!