漫画家デビューできる確率は?

漫画家になれる確率について解説。漫画を出版できる確率から連載作家になる確率まで、数値に表してみました。

漫画家になれる確率は何パーセント?

プロの漫画家として食べていけるのはひと握り。連載を持ち、単行本を出す売れっ子は果たして何人いるのか気になりますね。そこで、概算ではありますが、具体的にどれくらいの人が漫画家になれるのか、数字を出してみました。

連載を抱える漫画家は約5,000人

今、日本には雑誌等の媒体に連載を持つ漫画家は約5,000人います。この数字を見ると「意外に多い」と思いませんか?でも、確率で言うと、漫画家志望者が1,000人いるとしたら、賞を受賞してデビューを果たす人は10人程度です。

つまり、1/100の確率です。そこから、すぐに連載といかず、読み切り作家として作品が掲載されることになります。これも、編集部が認めた作品だけが載るので狭い枠を獲り続けていけるかどうかがカギとなります。

連載作家になれるのは1,000人にひとり!

読み切り作家としてある程度の実力が認められたら短期連載、中長期連載とレールに乗れる可能性もありますが、読み切り作家止まりで諦めてしまう新人漫画家も少なくありません。

確率で表すと、1,000人のうち短期連載にたどり着くのは1人だという説もあります。つまり、長期連載を持ち、漫画として生活できる確率は、1/1000にも満たないわけです。

ある調べによるとプロの漫画家になれる確率は0.003%とも言われ、とても狭き門となっています。

諦めなければ高確率でデビューできる!

漫画雑誌に連載を持つのは確かに狭き門です。でも、たとえ才能がある人でも担当つきまでに1年、安定した作品づくりができるまでに2年、合計3年は下積み期間が必要です。

遅い人では4年以上かかる場合もありますが、諦めなければかなりの高確率で連載を持てます。諦めずに努力を続ける人が成功できるのは、漫画業界も同じなんですね。

セルフパブリッシングという手も

漫画家志望者なら誰もが憧れる道ではあります。ただし、今では、インターネットの普及によりさまざま方法で自分の作品を世に出すことができます。

例えば、キンドルマーケットで漫画を出版したり、ツイッターをはじめとするSNSで自分の作品をプロモーションする方法です。

そこで自分のファンを集めておけば、自分で出版する「セルフパブリッシング」も夢ではありません。このやり方であれば9割が出版可能とも言われています。

基礎的な技術と知識を身に着ければ確率は上がる!

どのやり方を選ぶにしても、漫画の基礎知識と技術を身に着け、さらに相応の努力をすればプロの漫画家になれる可能性は十分にあります。

確率が低いからと諦めるのではなく、地道に努力を重ね、確実にステップアップいけば道は開けるはずです。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!