HOMEデビュー前に知っておきたい気になる漫画業界のウラ側デビューするのに年齢制限があるって本当?

デビューするのに年齢制限があるって本当?

漫画業界に年齢制限があるのか?気になる業界の実態を調査しました。

年齢制限がある!は本当!?

漫画界で活躍している漫画家の経歴を見ると、20代後半までにデビューしている人がほとんどです。そこで気になるのが漫画界デビューの年齢制限です。

噂では暗黙の了解で「年齢制限がある」とも言われていますし、30代や40代だとデビューは厳しいのでしょうか?

結論から言うと、デビューに年齢制限はありません!漫画の持ち込みや賞の応募要項にも「年齢不問」と書いてあります。でも、若い方が有利なのは確かです。

少年漫画や少女漫画が企画する新人賞の受賞者を見ると10代や20代前半がほとんどで、初投稿が12、13歳というケースも少なくありません。

また、若い方が編集部も扱いやすく、伸びしろがあることや、漫画家は体力と精神力が必要な職業なので、若い年齢の方が採用される傾向にあります。

読者層が若い媒体ほど、若い作家が有利

読者が若い雑誌であれば、なおさら若い作家が有利です。小中学生を対象にした雑誌の場合は早ければ小学生から投稿者を育成するケースもありますから、30歳で初投稿の人がデビューを目指すのは非常に険しい道と言えます。

実際に、読者が小中学生の雑誌であれば25歳くらい、中高生の雑誌であれば30歳くらいまでにデビューする作家が多いです。こうした理由から、暗黙の了解として「若い人の方がデビューしやすい」と言われています。

新人賞の応募規定に年齢制限はありませんが、内部の事情として足切りは十分にありえます。もし、20代後半以降に漫画家を目指すのであれば、商業雑誌の漫画家など、自身の人生経験を生かせる媒体に目を向け、デビューを狙うのがおすすめです。

たとえ高齢でも、とびぬけた才能や実力があり、読者の求めるニーズに合っていれば採用されるはずです。

理想は20歳くらいまでのデビュー

現実的に就職や将来のキャリアをふまえると学生の間に漫画の基礎を修得し、20代でデビューするのが理想です。

中途半端に漫画が描けるくらいだと、就職するか漫画家を目指すか、迷いが生じてしまうはずです。できるだけ若いうちから動き始めることをおすすめします。

漫画の専門学校では、2年~3年で基礎からみっちりと技術と知識を教えてくれるので、若くしてデビューへのチャンスが広がりますよ。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!