専門学校に通ってみる

漫画家になりたい方のために専門学校に通うメリットをまとめました。授業内容やデビュー、就職サポートについて解説します。

専門学校なら基礎をしっかり身に着けられる

漫画家デビューの方法はさまざまありますが、最もおすすめするのは専門学校の入学です。

最大のメリットは、独学では難しい漫画製作の技術や知識を基礎からしっかり学べることです。独学だと、ペンの使い方、コマ割り、演出などの習得が難しく、魅力的な作品づくりに必要な基礎が欠けてしまいがちです。

専門学校では、実際の現場で通用する技術や知識を一から指導してもらえるので、独学よりもはるかに効率よくスキルを向上できます。

経験豊富な現役漫画家が指導をすることも

生徒を指導するのは漫画製作のプロたち。なかには現役漫画家がクラス担当や授業を持つケースもあります。

授業では、イラストを描く技術はもちろん、ストーリーの展開テクニック、キャラクター立てまで魅力的な作品づくりに必要な知識も幅広く指導もらえます。近年では、デジタルソフトを用いた漫画製作も増えているため、CGによる描画法を学ぶ講座も多く設けられています。

アナログの手法から時代に沿った最先端の手法まで、あらゆる技法を勉強でき、さらに、現場で活躍する漫画家から直接アドバイスをもらえるので、確実なスキルアップが期待できます。

専門学校卒の主な漫画家

【荒木飛呂彦】

  • 経歴…仙台デザイン専門学校卒
  • 代表作…ジョジョの奇妙な冒険

【諫山創】

  • 経歴…専門学校九州デザイナー学院卒
  • 代表作…進撃の巨人

【萩原一至】

  • 経歴…東京デザイナー学院卒
  • 代表作…BASTARD!! -暗黒の破壊神-

【アダチケイジ】

  • 経歴…大阪総合デザイン専門学校卒
  • 代表作…グラゼニ

【古味直志】

  • 経歴…専門学校アートカレッジ神戸卒
  • 代表作…ダブルアーツ ニセコイ

デビューや就職サポートも万全

専門学校卒業後からプロデビューまでのキャリアプランニングや就職支援が整っているのも専門学校ならではの魅力です。例えば、新人賞を狙うなら編集部の目にとまる作品づくりの方法や、出版社に持ち込む場合の売り込みの仕方も指導してもらえます。

編集部と太いパイプを持つ専門学校では、編集者が集まるイベントを設けてデビューへのきっかけづくりや、アシスタントの紹介をバックアップしています。

専門学校の選び方

専門学校の在学期間は通常2年間なので、この間にできるだけ多くの知識や技術を習得しておく必要があります。そのため、課題や演習が多い学校がおすすめです。

また、プロの漫画家や編集者を招くイベントや特別授業を開催していると、モチベーションも上がりやすく、目指す方向も明確になります。授業や進路に迷ったとき、気軽に相談できる環境が整っていることも重要なポイントです。

漫画家デビュー支援に力を入れている学校は、定期的に編集者や漫画家を招き、セミナーや持ち込み講評会を開いています。なかには合宿を開催する学校もあり、編集者とのパイプ作りやアシスタント内定、方向性に合致した出版社との出会いを果たすこともできるのです。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!