HOME漫画家デビューするための1番カンタンな方法は?

漫画家デビューするための1番カンタンな方法は?

漫画家としてデビューする4つの方法を解説。それぞれのメリットやデビューまでの流れをまとめました。

漫画なるための4つの方法

日本全国にいる漫画家のタマゴたち。そのライバルたちを差し置いてプロの漫画家としてデビューするには、まず漫画家デビューの方法を知っておく必要があります。

プロとしてデビューする道はさまざまですが、大きく4つの方法に分かれています。

新人賞に応募する

大手出版社が発行するマンガ雑誌や、マンガコミュニティサイトまで、さまざまな媒体で公募があります。

媒体により応募条件や規定は異なるので、要望に沿った作品をつくる力も求められます。

規定をクリアしていれば誰でも挑戦できるので、自分の実力を試す機会として応募してみても良いでしょう。

新人賞への応募について詳しく見る

出版社へ持ち込んでみる

自身の作品を出版社に直接持ち込み、売り込む方法です。新人賞とは異なり複数の出版社で多くの編集者に見てもらえるので、デビューの確率も高まります。

とはいえ、大半はすんなりデビューとはいかず、辛辣コメントをもらって終わりというケースがほとんどです。

そこで諦めず、自分の作品の改善点を真摯に受け止め、努力できるかどうかがポイントとなります。

出版社の持ち込みについて詳しく見る

漫画家のアシスタントになる

アシスタントして働くメリットは、漫画製作の技術や知識、漫画家としての心構えを学べること。現場で求められることを体で覚えられるので、プロデビュー後にもスムーズに仕事をこなせるようになります。

また、編集者と顔見知りになれるのでデビューに繋げやすいというメリットもあります。

アシスタントは、漫画雑誌の広告欄や公式サイト、漫画家のホームページやSNS等で募集していることがあるのでチェックしてみましょう。

漫画家のアシスタントについて詳しく見る

専門学校に通ってみる

漫画家になる方法はさまざまありますが、最もおすすめするのが専門学校への入学。独学では難しい漫画製作の技術をみっちり学べるので、賞の投稿や持ち込み、アシスタントの応募をする場合にも大変有利です。

講師の多くは現役漫画家なので、編集者の目にとまる作品づくりを直接指導してもらうことで、より早くデビューの夢に近づけます。

漫画専門学校について詳しく見る

基礎を学ばない限り、デビューの道はない!

上記で紹介したどの方法であれ、漫画製作の基礎が身についていない限り、デビューを勝ち取ることはできません。

漫画家の志望者は日本全国にたくさんいますから、狭き門を突破するには漫画を描くための技術や知識は必須なんですね。本

気で漫画家を目指したい人は、一番早く確実な方法である専門学校への入学をおすすめします。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!