HOME漫画家デビューするための1番カンタンな方法は?

漫画家デビューするための1番カンタンな方法は?

漫画家としてデビューする4つの方法を解説。それぞれのメリットやデビューまでの流れをまとめました。

漫画なるための4つの方法

日本全国にいる漫画家のタマゴたち。そのライバルたちを差し置いてプロの漫画家としてデビューするには、まず漫画家デビューの方法を知っておく必要があります。

プロとしてデビューする道はさまざまですが、大きく4つの方法に分かれています。

新人賞に応募する

大手出版社が発行するマンガ雑誌や、マンガコミュニティサイトまで、さまざまな媒体で公募があります。

媒体により応募条件や規定は異なるので、要望に沿った作品をつくる力も求められます。

規定をクリアしていれば誰でも挑戦できるので、自分の実力を試す機会として応募してみても良いでしょう。

新人賞への応募について詳しく見る

出版社へ持ち込んでみる

自身の作品を出版社に直接持ち込み、売り込む方法です。新人賞とは異なり複数の出版社で多くの編集者に見てもらえるので、デビューの確率も高まります。

とはいえ、大半はすんなりデビューとはいかず、辛辣コメントをもらって終わりというケースがほとんどです。

そこで諦めず、自分の作品の改善点を真摯に受け止め、努力できるかどうかがポイントとなります。

出版社の持ち込みについて詳しく見る

漫画家のアシスタントになる

アシスタントして働くメリットは、漫画製作の技術や知識、漫画家としての心構えを学べること。現場で求められることを体で覚えられるので、プロデビュー後にもスムーズに仕事をこなせるようになります。

また、編集者と顔見知りになれるのでデビューに繋げやすいというメリットもあります。

アシスタントは、漫画雑誌の広告欄や公式サイト、漫画家のホームページやSNS等で募集していることがあるのでチェックしてみましょう。

漫画家のアシスタントについて詳しく見る

専門学校に通ってみる

漫画家になる方法はさまざまありますが、最もおすすめするのが専門学校への入学。独学では難しい漫画製作の技術をみっちり学べるので、賞の投稿や持ち込み、アシスタントの応募をする場合にも大変有利です。

講師の多くは現役漫画家なので、編集者の目にとまる作品づくりを直接指導してもらうことで、より早くデビューの夢に近づけます。

漫画専門学校について詳しく見る

基礎を学ばない限り、デビューの道はない!

上記で紹介したどの方法であれ、漫画製作の基礎が身についていない限り、デビューを勝ち取ることはできません。

漫画家の志望者は日本全国にたくさんいますから、狭き門を突破するには漫画を描くための技術や知識は必須なんですね。本

気で漫画家を目指したい人は、一番早く確実な方法である専門学校への入学をおすすめします。

あの人気漫画家がどうやってデビューした!?エピソード7選

漫画家として食べていけるようになるには、自分の描いたマンガが雑誌に掲載され、一定の評価を得られるところが第一歩となります。

以前までは公募コンテストへ応募して入賞したり、雑誌社へ持ち込んで掲載されて、という流れが多かったのですが、最近ではSNSやブログなどで火がつき、いきなり書籍化されるケースも増えてきています。

現在活躍している人気漫画家の皆さんがどうやってデビューしたのか、そのきっかけやエピソードなどについて見てみましょう。

賞に応募して入選後デビュー派

現在活躍している人気漫画家の多くがこのタイプに属しています。優勝や大賞を逃しても編集者の目に留まりデビューしたケースや、デビュー当時から作風が確立している漫画家も多いです。

山下和美さん

「天才柳沢教授の生活」「不思議な少年」などの作品で知られる山下和美さんは、賞へ応募後、入選して雑誌に掲載されたのがデビューのきっかけだそうです。

早いうちから「10代でデビューする」という目標を持ち、どの雑誌からデビューするかは特にこだわりはなかったとのこと。初めて描いた作品を応募したところ、それが入選して処女作がデビュー作になった、という凄い経歴を持っています。

尾田栄一郎さん

あの「ONE PIECE」の作者である尾田栄一郎さんも、公募入選デビュー組です。中学生の頃からマンガを描き始め、当初から「少年ジャンプで海賊マンガを描く」という明確な目標があったといわれています。

高校生の頃に応募したマンガが週刊少年ジャンプの新人賞に入選し、目標通り少年ジャンプで海賊マンガ「ONE PIECE」を初連載します。そこから先の活躍は、世間でもよく知られているところですね。

岩明均さん

代表作「寄生獣」をはじめ、繊細かつ骨太なストーリーと描線に定評がある岩明均さんは、実力派漫画家の登竜門ともいわれる「ちばてつや賞」受賞がデビューのきっかけとなっています。

なんと高校生になるまで、マンガを読んだことがなかったのだとか。作家であるお父さんの挿絵を描いたり、漫画家でイラストレーターの上村一夫さんのアシスタントなどを経て、ちばてつや賞に入賞した作品で漫画家デビューしています。

同賞の入選者にはとみさわ千夏さんや一色まことさん、仏像マニアで有名なみうらじゅんさんなども名を連ねています。

このほか「進撃の巨人」の諫山創さんや「鋼の錬金術師」の荒川弘さん、「ヒカルの碁」の小畑健さんなど、入選デビュー組には実力派の漫画家が揃っています。

雑誌社へ持ち込み派

数十年前まで、漫画家デビューのきっかけのメインは雑誌社への持ち込みでした。最近では減少傾向にありますが、それでも持ち込みからデビューにこぎつける漫画家がいるのも事実です。

藤子不二雄さん(現藤子・F・不二雄と藤子不二雄A)

「ドラえもん」「オバケのQ太郎」など、数々の名作マンガを輩出した稀代の漫画家コンビ、藤子不二雄は雑誌社への作品持ち込みがきっかけでデビューを果たしました。

小学校の同級生であった2人が18歳のときに「毎日小学生新聞」へ「僕たちのマンガを載せてください」と書いた手紙を添えて送った4コママンガが実際に掲載され、デビューのきっかけとなったエピソードを持っています。

永野のりこさん

「GOD SAVE THE すげこまくん!」「みすて・ないで・デイジー」などの代表作がある永野のりこさんも、持ち込みがきっかけでデビューした漫画家の1人です。徳間書店へ持ち込み、アドバイスをもらった直後に代理原稿の依頼を受け、賞の受賞はデビュー後2作目という経歴を持っています。

雑誌社への持ち込みがデビューのきっかけというよりも、月刊投稿や挿絵の仕事を続けつつ、編集者とのパイプを作り代理原稿の仕事を受けた後に本格的にデビュー、というパターンが多いようです。

このような形でデビューした漫画家はほかに手塚治虫さんや西原理恵子さん、「DEATH NOTE」の原作者として知られる大場つぐみさんなどが挙げられます。

SNSきっかけ派

Pixivやtwitter、ブログなどへ投稿したマンガが話題を呼び、デビューのきっかけとなったタイプです。画力よりも、自分の身に起こったことを真摯に綴るエッセイスタイルの漫画家が多い傾向です。

永田カビさん

Pixivに投稿した「女が女とあれこれできるお店へ行った話」がネット上で反響を呼び、「さびしすぎてレズ風俗へ行きました」として書籍化されデビューした永田カビさん。

自分の体験を赤裸々に描いたエッセイマンガが特徴です。永田さんの投稿したマンガは、閲覧数480万を超える話題作となりました。

現在でも実話に基づいた胸に刺さる話題と、ピュアなイラストで精力的に活動されています。

音井れこ丸(トイレ籠)さん

「おじさんとマシュマロ」で有名になった音井れこ丸さん。人気漫画家となったのはpixivへ投稿したオリジナル漫画がきっかけですが、デビューのきっかけは雑誌社への持ち込みという、微妙に持ち込み組に入る漫画家でもあります。

漫画家になるには、この他に同人誌活動をきっかけにしたり、漫画家のアシスタントから、雑誌社とのパイプがある専門学校からなどさまざまです。まだ試していない方法があるなら、ぜひチャレンジしてみましょう。

当サイト管理人

漫画家を目指している少年少女たちのために、フリーで活躍するライターや編集者が“漫画家デビュー応援隊”を発足。漫画家デビューするための最短ルートとは、漫画家になるための心得などを調べつくしました!